『富良野のゲストハウス』

更新日:2019/03/08

最近は旅をするときにゲストハウスを使うことが多くなりました。
昨年夏に、富良野で利用したゲストハウスを紹介します。
富良野駅のすぐ近くにある観光案内所と同じ建物内にあります。

ゲストハウスのラウンジ

建物の2フロアを使って運営しているゲストハウスのラウンジと受付の様子です。
ラウンジのパーテーションは合板素地仕上でした。
床はシックな色のタイルカーペットです。
照明にも気を配っていて、トータルなコーディネートを感じます。


ゲストハウスの二段ベット

寝床は定番の2段ベットですが、これも木材と合板の素地仕上でした。
もともとテナントビルなので、フロアの天井が高いため、
2段ベットも高さに余裕のある作りになっています。


ゲストハウスの廊下

廊下は、白とグレーを基調としたシックな色使いです。
天井と巾木が気になったので写真を撮りました。


天井と壁際の巾木

天井は木毛セメント板(?)の素地仕上、基本は突きつけ張りですが、壁際のみ目透しになっていました。
たまたまかもしれませんが、意図してやっているなら、なかなかやるじゃないかという印象です。

巾木は合板素地仕上。
デザイン的には、うーん、アリなのか。と微妙なところですが、コスト感はアリです。


共用のシャワーブースの扉

共用のシャワーブースの扉の表示です。男女共用のブースと女性専用のブースがあります。
部屋のカギに応じて使えるブースが限られているようです。


シャワースペース

シャワースペースは奥にあり、手前がサニタリースペースです。
どちらも広く、シンプルかつシックにまとめられていて、快適な空間でした。

床はありきたりのCFシートではなく、少しざらざらした布のような質感で足触りが良いモノでした。
知らない素材だったので、受付に「メーカー名と商品名を教えてください」とお願いしたところ、
係の方がちゃんと調べて教えてくれました。
また、他の内装のことやゲストハウス立ち上げのことなど、いろんな話を聞かせていただきました。
(その節はありがとうございました。)


以上です。