『窓サッシの修理工事』

更新日:2016/11/18

先日公開のブログ『窓サッシの部分名称』に引き続き、進捗状況の公開です。

窓サッシの修理日には、サッシ職人の方に来てもらいました。
下記の写真は、取り外した窓を置く為の床養生と障子を開け閉めしている状況です。

次に、窓を取り外す為に吸盤ようなものを窓ガラスに吸い付けて、窓を持ちやすくします。

この事務所ビルの窓サッシには、『障子はずれ止め機構』という仕組みになっています。
これは、障子上桟に直径2mmぐらいの小さな穴があいており、そこに千枚通しのような細長い針を刺すと、障子を窓枠から取り外すことが出来ます。

下記の画像は、穴があいている部分を示すイメージ図と千枚通しで穴を刺している状況です。

窓を取り外した後に障子下桟を真下から写真をとると、
『戸車』がついていました。

この戸車を新しく交換して、簡単に開け閉めできるようにして、建具調整を行います。