『京都の看板』

更新日:2014/08/08

私は屋外広告士という資格を持っているのですが、 それってどんな資格?と聞かれることが多々あります。
屋外広告士とは、屋外広告物の製作・施工に関する専門的知識・ 技術があることを証明する公的資格です。
有資格者は屋外広告業登録に必須の「業務主任者」になることができます。

広告・サイン屋さんにとってみれば必須の資格になりますね。
意外と法規に関わる条件が多く・難しいので看板等で困った時に私達は活躍します。

例えば京都駅前一等地に大きくて派手な看板を作りたい!となった時は
どうしたらいいでしょうか。

某ファーストフード店のように黄色と赤で派手にしてみました!
とっても目立っていいですね!

でもダメー!

実はこの看板では設置できないのです。

なぜかというと京都は日本で一番景観に厳しい地区で 色彩やデザインに一定の基準があります。
つまり京都の景観にふさわしくない色彩・デザインの看板は設置できません。
パチンコ屋さんみたいに照明でチカチカした仕様なんてもってのほかです。

上の絵のような落ち着いた色でしたらOKです。
つまり京都の某ファーストフード店はコーポレートカラーに反して こんな色味の看板を掲げているのです。
某コンビニも鮮やかな青や緑が使えないのでこんな色味で看板が付いているはずです。

京都に行った際は注目してみてください。