『舞鶴 海軍記念館』

更新日:2019/04/26


舞鶴 海軍記念館と東郷平八郎の胸像です。
この記念館は、京都府舞鶴市にある海上自衛隊舞鶴総監部内にある展示施設で、
胸像はその入口に、日章旗をバックに据えられています。
東郷平八郎元帥は、日露戦争における日本海海戦で、ロシア バルチック艦隊を撃ち破った連合艦隊司令長官であり、舞鶴鎮守府の初代司令長官でもあります。



記念館には色々な展示物がありましたが、その中で私の眼を引いたのは「日本海海戦参加人名表」でした。
右から三番目に 参謀 秋山真之の名前が並んでいます。
司馬遼太郎先生の「坂の上の雲」の主役 秋山兄弟の弟で、
日本海海戦出撃に際して打った電報の一節である「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」は短い文章で的確に伝えるべきことを伝えた名文として知られています。



記念館の前にある芝生の庭です。
この庭は、砲弾を白く塗装したモノ?でぐるーっと囲まれています。
右写真はパリのアンバリッド軍事博物館の前庭の写真で、こちらは植え込みが全て砲弾型です。
ココには元砲兵将校であったナポレオンが埋葬されているからでしょう。
ま、どちらも軍人さんらしい発想ですね。


以上です。