『松江城』

更新日:2018/10/15

国宝 松江城の天守です。
高さはさほどではありませんが、どっしりとした貫禄のあるお城です。


見学は石垣部分から入りますので、お城の床下部分を見ることができます。
柱に見える縦料は、住宅で云えば「床束」に該当する部材で、
梁に見える横材は、「根がらみ」に該当する部材です。


中層階の様子です。太い柱が林立しています。
1本の太い柱は、よく見ると、数本の柱材を束ねたものでした。
左右の材にはカスガイ(金物です)が打込まれ、鉄のベルトで束ねられています。


最上階はこんなカンジで、四方が見渡せます。
右写真は宍道湖方向の眺めです。
高台に建っていますので、けっこう眺望が開けています。

以上です。