『呉、鉄のクジラ (その1)』

更新日:2018/06/15

以前、なにかの雑誌に写真が載っていて、
「これは是非見にいかんといかん!」と云うことで、
呉まで行ってきました。




この大きさ判るでしょうか。長さ76.2m、幅9.9mの ほんまもんの潜水艦です。
モニュメントではなく、体験展示施設として中に入れます。


正式名称は「海上自衛隊 呉資料館」で、潜水艦の向こう側に資料館が建っています。
潜水艦のお腹の下をくぐって資料館に入ります。入館料は「無料」です。



資料館では、掃海部隊の業務と、潜水艦内部の様子を説明する展示を拝見し、
一連りの知識を得たうえで鉄のクジラに入ることになります。
ちなみに、「掃海」とは海中に仕掛けられた機雷(海の地雷みたいなもの)を除去する作業で、大変な危険が伴います。
第二次大戦後、貿易のための商船航路を確保するために必須の作業だったようです。
ひとつ勉強になりました。

以上です。
次回は、鉄のクジラの中に入ります。