『行ってきました東北へ その7「海軍コロッケ」』

更新日:2017/08/10

ガイドブックには「大湊海軍コロッケ」と小さな囲み記事で紹介されていました。
むつ市大湊には海上自衛隊の基地があり、かつては北海を守る海軍の重要な拠点でした。

いわゆるご当地もの・町おこしものですが、決してB級グルメではありません。
私的評価はS級です。
青森県むつ市に行くことがあれば、是非食べてみてください。
とにかく美味しいです。
どこで食べられるかは敢えて明記しませんが、本文と写真で見当がつくはずです。

レストランから見た風景です。
前方に見えるのが釜臥山で、左手に陸奥湾が広がっています。

軽いコースになっていますので、まずはスープが出てきます。
ジャガイモの冷製スープ「ヴィシソワーズ」です。
特に暑い日でしたので格別のうまさです。

続いて、パンとサラダです。
サラダはきゅうり・トマト・人参・レタスと定番のお野菜ですが、
どれも歯ごたえが良く近所で採れたモノ感があります。
そして、パンが絶品。
普通にフランスパンの丸いヤツかと思いきや、
皮が極薄でパリッとしていて、中はしっとりふんわかでほんのり甘い。
がさがさバリバリというフランスパンにありがちな食感ではありません。
お代わり自由で、ちぎると湯気が立つ状態で持ってきてくれます。
遠慮はせずに、メインが出てくる前に2ついただきました。

いよいよメインです。
たかが海軍コロッケと侮っていた私は、まずこの見た目に料理人の気合いを感じました。
そして、ひと口いただいてみると・・・旨っつ!!!
コロッケと云うよりもフランス料理です。
しかも食感と味が異なる二つのお料理が一皿に盛られています。

考えてみれば、メニュー紹介には「フレンチの技法を取り入れ、モダンにアレンジ
したお洒落なコロッケ。ビーフとリンゴの2種セット。」と書かれていましたが、
アレンジどころかまぎれもなくフレンチの一品です。
もちろん皿に残ったソースはパンでこそぎ取っていただきました。
ただ、旨すぎてアッという間に食べてしまったのが悔やまれます。

コースとして、デザートがついています。
ミルクのババロア、カシスシャーベット、キウイ・パイン・オレンジ・イチゴが盛られていて、
ひとつひとつがきちんと美味しい。
どこにも手抜きがありません。

ま、コーヒーはふつーでしたが、ココまで揃えば十分です。
で、お値段。 なんと、1,080円(税込)。

さらに言い添えておきますが、
給仕の人もレジの人もとっても感じが良かったです。

むつに行くなら、
是非是非ご賞味あれ。


以上です。