『神田古本祭りと鯖の黒煮』

更新日:2016/12/03

担当者Sがプラプラと休みの日によく行くエリアがあります。

『台東区エリア』と『千代田区エリア』です。

久しぶりに『鯖の黒煮』を食べたかったのと新しい『小説』が読みたかったので、
その日は、千代田区エリアに行ってきました。

その時、たまたま、神田古本まつりがやっていました。

いつもそんなには、混んでいないのですが、
その日は、通りに人・人・人・・・・と共に、外国人観光客が加わり、
すごい混雑しておりました。

結局のところ、これと言って、読みたい本がなく、小説は買いませんでした。
帰り道に、都内に10店舗近くある『魚串さくらさく』に行って、
『鯖の黒煮』と『魚介類の串揚げ盛り合わせ』と『キンキンに冷えたアルコール類』を注文して、食べて帰りました。

個人的には、鯖の味噌煮が好きなので、色々と食べて廻っているなかで、
なかなかリーズナブルな値段で食べられ、骨まで軟らかく食べられるので、
この店に行きがちです。