『死神の浮力』

更新日:2016/11/4

担当者Sが最近読んだ本です。

自分が好きな作家さんなので、久しぶりでしたが没頭してしまいました。

500ページ超あったんですが、土曜日の朝10時ぐらいから読み始めて、
夜9時ぐらいまでかかって、読み終えることができました。

あらすじとしては、幼い娘を殺された山野辺夫妻がいて、犯人は顔見知り
だったのですが、とある証拠により無罪判決となってしまいました。
そんな心境にある夫妻があらゆる方法を試行錯誤して、復讐計画を立て
ます。・・・が、なかなかうまくいかない。
そんな時に、夫妻の前に正体を隠した人間(死神)があらわれて、
どうやこうや・・・と復讐を企む、そんな内容です。

新刊が発売されると、文庫本が販売されるまで待ちます。
理由は、文庫本だと小さいし、収納するのに場所をとらないからです。

全部じゃないですが、伊坂幸太郎作品を並べてみました。
去年と今年を含め、伊坂作品に関しては、そこそこ読むことができました。