『地震の影響』

更新日:2015/03/20

私事ではありますが、私用で福島県にいる知り合いに会いにいってきました。
近くに行った際に、いわき、浪江町方面の状態を見てきました。

今から4年程までにはなりますが、当時の東日本大震災の爪痕が保存されておりました。
下記の写真は、木造在来住宅の戸建てが1階部分だけ津波により、部分崩壊している状態の写真です。
構造がしっかりとしていたのか、当時の物件が1棟だけぽつんと建っておりました。

海岸方面を見ると、あたり一面、草木が生い茂っておりました。
海岸線沿いは、土方の作業員さんたちが復興工事をがんばっておりました。
一日でも早く復興工事が進んでほしいと思います。