『あべのハルカス』

更新日:2014/05/02

最新スポット「あべのハルカス」に行ってきました。

あべのハルカスは、地上300m(60階建て)と日本一の高さを誇る超高層複合施設ビルです。
日本国内の構造物としては東京スカイツリー(634m)、東京タワー(332.6m)に次ぐ3番目の高さになります。

低層階は百貨店や美術館、中層階はオフィス、高層階にはホテル、さらに最上階(58~60階)には
天井から足元まで解放感あふれる展望台「ハルカス300」があります。

あべのハルカスでは、LIXILグループの技術が活かされております。
外観を機能的に飾るカーテンウォール、ホテル階のスイートルームに新感覚浴槽「フォームスパ」、
タンクレストイレ「レジオ」や「サティス」など、LIXILグループの商材が多数採用されています。

早速、展望フロアへ登ってみました。
展望フロアへは16階までエレベーターで上がり、さらにエレベーターを乗り換えると約50秒で60階に到着します。
エレベーター内の壁にも素敵な演出があるので、登りも下りも楽しめます。

展望台からは、想像以上に灯りが多く、大変綺麗な大阪の夜景を一望することができました。

展望フロアでは、トイレも見所の一つ。
壁面一杯に絶景が広がり、トイレに来た事を忘れてしまいそうでした。