リフォーム便利帳 [マンション編]よくあるお問合わせ

  • 相談や見積もりに費用はかかりますか?
  • 1部屋だけでもリフォームできますか?
  • 工事する部屋の範囲と時期で悩んでいます。予算にも関わってくるのでしょうか?
  • マンションの水まわりのリフォームは大変だって聞くけど…
  • 工事中は仮住まいが必要ですか?
  • 管理組合への届出や近隣への挨拶はどうしたらいいですか?
  • 工事代金はいつお支払いしたらいいですか?
相談や見積もりに費用はかかりますか?
いいえ、かかりません。
弊社では、ご契約いただくまで一切の費用はいただきません。
お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。経験豊富な弊社担当者が対応させていただきます。
1部屋だけでもリフォームできますか?
もちろんできます。
ご希望や住まいの状態をお聞きした上で、将来を見据えた最適なリフォームをご提案させていただきます。
工事する部屋の範囲と時期で悩んでいます。予算にも関わってくるのでしょうか?
工事範囲や時期によって、割高になってしまう場合があります。
部分的なリフォーム工事の場合、工事期間や費用は抑えられますが、1、2年以内に次のリフォーム工事を行うと結局割高になってしまいます。複数の部屋のリフォーム計画がある場合は、一度に家全体のリフォーム工事を行った方が平米あたりの単価は安くなります。また、部屋ごとに異なる時期にリフォーム工事を行うと、同じ部材で仕上げられない場合や傷み具合が異なってしまうことがあります。
このようなことから、複数の箇所のリフォームのご予定がある場合や、見た目の統一感・コーディネートを重視する場合は、同時にリフォーム工事を行うことをおすすめします。
マンションの水まわりのリフォームは大変だって聞くけど…
はい、さまざまな制約があったり、あらかじめきちんと計画しておくことが必要な場合があります。
  • キッチンでは、床下の排水管の勾配が充分でないと排水がうまく流れなくなってしまうため、キッチンを移動できる範囲に制限があります。
  • バスルームのサイズを大きくするには、バスルームに隣接する空間に余裕が必要で、それらの部屋の間仕切壁の解体や内装の仕上げ直しも必要となります。
  • キッチンとお風呂で同時にお湯を使えるよう、給湯機の容量を大きいものに交換する場合は、元の設置位置に納まるかの確認が必要です。
このように、さまざまな制約や隣接するお部屋への影響もありますので、お悩みや分らないことがございましたら、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
工事中は仮住まいが必要ですか?
部分リフォームの場合、ほとんどの工事では仮住まいの必要はありません。
全面リフォームなど、工事範囲が広い場合には、仮住まいや一時的に家財を預けておくトランクルームなどが必要となることもあります。ご紹介することもできますので、弊社担当者にお気軽にご相談ください。
管理組合への届出や近隣への挨拶はどうしたらいいですか?
全ておまかせください。
区分所有のマンションでは多くの場合、リフォームできる範囲や仕様、届出の方法などが、「管理規約」で定められています。内容の確認と届出は弊社にて行います。また、近隣への挨拶も弊社にて行います。分らないことなどございましたら、どんなことでも弊社担当者にお問い合わせください。
工事代金はいつお支払いしたらいいですか?
お支払いは引渡し後になります。
通常の工事代金のお支払いは、工事完了・お引渡し後となります。ただし、高額な工事内容となる場合など、別途前払金を申し受ける場合がございます。その場合は事前にお伝えした上で、契約時に詳細を決めさせていただきます。